旧遠藤吉平商店(北海道函館市)
Former Endo Kippei Store (Hakodate City)



1885年(明治18)
資料によると竣工年は「明治18年以前」となっている。この年までには、建物が完成したようだ。
 函館は何回も大火に見舞われた都市だが、明治12(1879)年12月6日には2326戸を焼失する大火が発生している。火災後、函館支庁は耐火造の煉瓦建築を推奨して補助金も出している。この建物はそのような時期に建てられたものであり、外壁は煉瓦造のモルタル塗りとなっている。
 遠藤吉平(1841-1932)は新潟の出身であるが、1877年に函館に移住し海陸物産商を開業した。函館区会議員をはじめ各種の公職も務め、のちに衆議院議員にもなっている。また、輸送に使われる俵の改良にも尽力した人である。

現在
その後の建物の利用は調べられなかったが、近年は喫茶店・レストランとして使われているそうである。



ポップアップカード03
0405




(2017.02.11) 写真のみ公開