旧 上伊那図書館(長野県伊那市)
Former Kami-ina Library (Ina City)



1930年(昭和5)
上伊那図書館竣工。上伊那郡辰野町出身の実業家武井覚太郎が出資して建築される。基本設計が森山松之助、最終的な設計は黒田好造が行なった。

1945年(昭和20)
4月、建物を第一海軍衣料廠に貸与。ミシンが運び込まれ衣料工場として使われる。終戦後工場は閉鎖され、10月から館内閲覧を再開した。

1946年(昭和21)
進駐軍が建物を利用。3ヶ月間、図書館を閉館。

1960年(昭和35)
雨漏りのため、正面屋上に屋根をかける。それまでは屋上に上ることができた。

2004年(平成16)
3月、図書館閉館。(閲覧・貸出業務は2003年に終了。)
その後バリアフリー・耐震化工事を行なう。また、本館南西側に収蔵庫棟を新築。

2010年(平成22)
伊那市創造館としてリニューアルオープン


関連ブログ記事
旧上伊那図書館(1)(2022.08.28)
旧上伊那図書館(2)(2022.08.29)
旧上伊那図書館のポップアップカード(1)(2022.08.31)
旧上伊那図書館のポップアップカード(2)(2022.09.01)


・竣工時の姿
写真写真
04

・現在の姿
伊那市創造館07
0809

back map home



(2022.09.01) 作品改良[ver. 1.1]して写真公開(型紙非公開)
(2013.05.14) 写真公開(型紙は非公開)