旧 大阪砲兵工廠本館(大阪府大阪市)
Former the main building of Osaka Arsenal (Osaka City)



明治6(1873)年
陸軍省大砲製造所の工場として竣工(明治12年に大阪砲兵工廠と改称)。「旧本館」と呼ばれているが、実際に工場の本部だったわけではないようで、明治20年の全体図では「轆轤場」、明治31年の地図では「第一工場」となっている。(大阪砲兵工廠沿革史(明治35年)より)

大正12(1923)年
陸軍造兵廠大阪工廠と改称。

昭和15(1940)年
大阪陸軍造兵廠と改称。

昭和20(1945)年
8月14日の空襲で、被災。戦後はGHQが接収。

昭和27(1952)年
GHQの接収がすべて解除される。公園用地の整備開始。

昭和56(1981)年
旧本館が解体される。当時の朝日新聞紙面に「〝重文級〟旧大阪砲兵工廠本館 突然取り壊し着手」「大阪市ひそかに許可」などの見出しが見える。



折り紙建築ポップアップカード
0405

back map main



(2014.10.26) 写真のみ公開