鍋島報效会 徴古館(佐賀県佐賀市)
Museum Chouko-kan, Nabeshima Houkoukai Foundation (Saga City)



昭和2(1927)
鍋島家の所蔵資料を展示する博物館として徴古館を建設し、この年に開館。設計は佐藤功一建築事務所(担当 徳永庸)。

昭和15(1940)年
財団法人鍋島報效会を設立し、法人管理となる。

昭和18(1943)年
戦争のために収蔵品紡績機械の一部や銅像の金物など、金属品の供出が行われた。

昭和20(1945)年
佐賀連隊区司令部により建物が接収される。展示業務は中止。所蔵品は分散疎開。
戦後、徴古館は佐賀県世話部やNHK佐賀放送局として利用された。

昭和30(1955)年
佐賀県が建物を借り受け、佐賀文化会館として利用。(〜昭和45年)

平成9(1997)年
徴古館の建物が、国の登録有形文化財として登録。

平成10(1998)年
博物館として再開館する。



徴古館ポップアップカード
ch0405

back map home



(2014.03.30) 写真掲載。(型紙非公開)