旧 佐伯海軍航空隊掩体壕(大分県佐伯市)
Former the Bunker of Saeki Naval Flying Corps (Saiki City)



昭和18(1943)年頃
掩体壕の建設。掩体壕とは、航空機を敵の攻撃から守るための格納庫。飛行場内に複数設置された。(佐伯航空隊の開隊は昭和9年。)
※文化庁HPでは建設が昭和18年となっていますが、現地の案内板を読むと昭和20年頃、空襲が激しくなってきてからの建設と書いてあるようです。

昭和20(1945)年
3月に佐伯市が空襲を受ける。5月には航空隊飛行場も壊滅的な被害を受ける。8月終戦。

平成13(2011)年
登録有形文化財。



saeki02.jpgsaeki03.jpg
saeki04.jpgsaeki05.jpg

back map home end



(2012.05.14) 型紙公開終了。
(2011.12.11) 型紙公開。