旧都城市民会館(宮崎県都城市)
Former Miyakonojo City Hall (Miyakonojo City)



昭和41(1966)年
3月に都城市民会館完成。設計は,菊竹清訓建築設計事務所。建物や都市が代謝を繰り返して成長する「メタボリズム」建築の代表の一つとされている。

昭和55(1980)年
2階屋上部分に楽屋や大道具庫などを増築。(今回のポップアップカードは増築後の姿で製作しました。)

平成18(2006)年
市民会館の後継施設として総合文化ホールが開館。それに先立ち2005年には都城市は市民会館解体の方針を出している。
市の解体方針に対し,保存の要望も出される。DOCOMOMO Japanは、日本におけるモダン・ムーブメントの建築のひとつとして都城市民会館を選定した。

平成19(2007)年
3月,市民会館閉館。9月、市議会は解体のための補正予算を可決。
10月、南九州学園が施設貸与の要望を市に出す。(2008年に承認され、2009年から貸与)

平成30(2018)年
会館利用の目処が立たず,南九州学園から施設返還の申し出がされる。都城市は解体の方針だが,建築学会からは保存活用の要望が出され,事業提案が呼びかけられている。
都城市は,期限までに民間から確実性や計画性のある提案がなかった場合は、2019年2月に解体を決定するとしている。



ポップアップカード03.jpg
0405

back pop-up top



(2018.11.27)写真のみ公開。