小山敬三美術館〜村野藤吾の設計

小諸で講演会(薮内正幸の世界)を聞いたあと、小諸城址懐古園を散策しました。
写真は、三の門。

懐古園は入園方法が二種類あって、園内(動物園を含む)散策だけなら300円、そこに加えて園内の施設(小山敬三美術館・徴古館・藤村記念館・小諸義塾記念館)も含めて見るなら500円でした。

続きを読む →

動物画家 薮内正幸の世界

長野県小諸市で「動物画家 薮内正幸の世界」というイベントが行なわれるというので、行ってきました。これはイベントのチラシを撮影。

薮内正幸氏(1940-2000)は、福音館書店で図鑑や絵本の画を担当し、のちにフリーとして活動した動物画家です。絵本や図鑑のほか、書籍の挿し絵や広告のイラストも制作しています。

続きを読む →

旧開智学校訪問記(長野県松本市)

11月の初旬のことですが、松本市の旧開智学校を訪れました。
10月12日~13日に日本を通過した台風19号ですが、旧開智学校にも影響があり、写真の塔屋の外壁の出っ張り部分の漆喰がはがれ落ちてしまったそうです。
この写真では左側の面ですね。

他には被害もなかったようで、施設は通常通り一般公開がされていました。

続きを読む →

「生きるため、描き続けた。」

念願だった国立ハンセン病資料館(東村山市)を訪れました。
現在開催中の企画展「キャンバスに集う~菊池恵楓園・金陽会絵画展」を見に行きたいと思っていたのです。
特に、この絵がステキだと思ったので。

(絵画展のリーフレットです)

国立ハンセン病資料館のサイトを見ると、7月13日~15日は館所蔵の金陽会絵画も展示されるとありました。そして14・15日には学芸員さんのギャラリートークもあるということだったので、この機会に是非お話も聴きたくて、出かけることにしました。

続きを読む →

松方コレクション展(国立西洋美術館)

国立西洋美術館では、松方コレクション展も開催中です。(会期:2019年6月11日~9月23日。)
松方コレクションを築いたのは、松方幸次郎(1866-1950)。明治時代に内閣総理大臣を務めた松方正義の三男です。

彼がどのようにコレクションを収集したのか、会場入口で映像が上映されています。今回の展覧会は、私は個々の作品よりもその歴史の方に関心を持ちました。
映像で記憶に残っていることと、パンフレットの解説等を元に書きます。

続きを読む →