14年ぶりの改良

ポップアップカードを更新しました。
今回は改良版の再掲載です。
日本の近代建築のリストページの画像を「ほんの少しだけ」大きくしました。そのため、特に古い作品写真では画素数が足りなくて表示がきたなくなっているものがあります。
気になるところを中心に画像を差し替えているのですが、画像どころか作品自体を直したくなるものもたくさんあり、その中から今回は2点、過去の作品を作り直すことにしました。


1点目は,京都国立博物館本館です。

続きを読む →

ポップアップカード(滋賀県の建築)

熊本・大分での地震は、14日以降で震度1以上の地震が872回にものぼったそうです(24日23時現在)。減少傾向ではあるというものの、いつになったらおさまるのでしょうか。
さて、ポップアップカードを更新しました。
今回は1点だけですが、滋賀県の建築から彦根地方気象台を選びました。


この建物は2010年から11年にかけて耐震・改修工事が行われています。それに際し竣工時の外見の復元が目標とされ、外見もタイル張りに戻されてきれいになりました。
型紙を公開していますので、ご覧ください。
  
  
【追記】
2016.10.23 型紙公開終了しました。
 

ポップアップカード(兵庫県の建築)

ポップアップカードを更新しました。
今回は、阪神淡路大震災で被災し、解体されてしまった建築から選びました。

上の写真は、旧神戸阪急ビル東館です。「阪急三宮駅」や「阪急会館」と呼ばれる場合もあります。ビルを線路が貫通しているデザインで神戸のシンボル的な建築のひとつでした。鉄道の早期復旧のため2月に解体されました。

続きを読む →

ポップアップカード(奈良県の建築)

ポップアップカードを更新しました。
今回は奈良県の建築です。

旧奈良駅舎です。
 駅の高架化にともない、当初は解体される計画だったそうです。建築家や市民の保存要望活動があり、奈良県およびJRも保存の方向に切り替えました(2001年)。
 工事のため旧駅舎は場所を移動して保存する必要があり、曳家工事で18m移動(2004年)。駅舎としては引退しましたが、現在は奈良市総合観光案内所として使われています。

続きを読む →