コンテンツへスキップ

世界の建物のポップアップカードは「世界遺産」という名前でスタートしましたが,しばらく前に世界遺産限定をやめて「世界の文化財」というタイトルに切り替えています。

世界遺産以外のポップアップカード更新第一号が今回ということになります。

ニュージーランドの建築のポップアップカードを作りました。

ダニーデンにある19世紀の建築です。

... "ポップアップカード(ニュージーランドの建築)" を続けて読む

 世界遺産となっているアンティグア・グアテマラの建物をポップアップカードにしました。

 アンティグア・グアテマラはスペインの植民地政府が1543年に首都として建設した都市です。
(当時の名称はサンティアーゴ・デ・ロス・カバジェーロスでした。のちにアンティグアと呼ばれるようになります。)

... "アンティグア・グアテマラ" を続けて読む

塔の形が気になっていたんです。前回のポクロフスカヤ聖堂の。
そんなわけで、まずはその修正から始めました。こんな感じです。

ちなみに前回はこんな感じでした。ちょっとこれでは残念すぎる。
... "ポップアップカード(ロシアの建築 その2)" を続けて読む

ポップアップカードを更新しました。今回はロシアの建築です。
今回はロシアのノヴゴロド,特にノヴゴロド・クレムリを中心に調べて建築を選びました。「クレムリ」はロシア語で「要塞」「城塞」を意味するのだそうです。
ノヴゴロド・クレムリは楕円形の城壁に囲まれており,南北が565m、東西が220mあるとのこと。その城壁の部分に建てられている塔の1つがスパスカヤ塔です。

写真はスパスカヤ塔をモデルに製作したカードです。

ノヴゴロドの場所はここです。(Google Mapより)
... "ロシアの建築を知る" を続けて読む

ポップアップカードを更新しました。今回はエチオピアの世界遺産がモデルです。

エチオピアの世界遺産のひとつに、「ラリベラの岩窟教会群」があります。
石や煉瓦を積み上げるとか,木材を組み合わせるという方法ではなく,大きな岩の塊をくりぬいて,建物の形を彫り出したというものです。


写真のポップアップカードは「ベテ・ギョルギス」と呼ばれる教会です。「聖ギオルギス教会」と訳されています。

... "ポップアップカード(エチオピアの世界遺産)" を続けて読む