旧 福山市公会堂会(旧所在地:広島県福山市)
Former Fukuyama city public hall (Fukuyama City)



大正15(1926)年
市制10周年記念事業として、公会堂が建設される。設計は武田五一。(彼は福山市で生まれ、4歳になるまでここで過ごした。)

昭和20(1945)年
8月8日の福山空襲では市街地の8割が焼失したが、市職員の活動により、延焼をまぬがれる。(隣接していた市庁舎は焼失している。)

昭和30(1955)年
玄関部分や舞台、内装など大幅に改装される。

昭和39(1964)年
市民会館を新築することになり、役割を終える。建物は解体された。



0203
0405

back pop-up top



(2015.06.07)写真のみ公開。