旧 広島地方気象台(広島県広島市)
Former Hiroshima Local Meteorological Observatory (Hiroshima City)



昭和9(1934)年
広島測候所竣工。設計は広島県建築課:伊達三朗。

昭和18(1943)年
広島地方気象台に改称。

昭和20(1945)年
広島に原子爆弾投下。爆心地から3.7kmの距離で、窓や壁が破壊されたが建物自体は爆風に耐えた。広島管区気象台と改称。

昭和24(1949)年
広島地方気象台と改称。大阪管区気象台の管轄となる。

昭和62(1987)年
広島地方気象台は、広島地方合同庁舎に移転。

平成2(1990)年
建物が広島市に移管される。

平成4(1992)年
江波山気象館として一般公開される。

平成12(2000)年
広島市指定重要文化財となる。



0203
0405

back map main DOWNLOAD



(2010.10.01) 型紙公開終了
(2009.08.06) 型紙公開