遠賀川水源地ポンプ室(福岡県中間市)
The Pump House of Onga-river Water Resource (Nakama City)



明治43(1910)年
八幡製鉄所の拡張工事に伴い、工業用水を確保するために建設された。設計は中津市出身の建築家・船橋喜一。(いままで不明だったが2011年の調査で判明)

昭和25(1950)年
蒸気ポンプを使用していたが、電動化される。現在も使用中。

平成27(2015)年
「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」が世界遺産として登録される。8県11市にまたがる23資産から成る世界遺産だが、遠賀川水源ポンプ室もその構成資産のひとつ。



02.jpg03.jpg
04.jpg05.jpg

back pop-up top



(2017.04.02) 沿革に追記。
(2015.09.27) 型紙公開終了。
(2015.05.24) 型紙公開。