旧 田代家洋館<有田異人館>(佐賀県西松浦郡有田町)
Former Tashiro's Guest House (Arita Town)



明治9(1876)年
有田の陶磁器を輸出する商人である田代助作が、陶磁器の買付に来る外国人客の宿泊・接待所として建設した。棟梁は丹宗藤右衛門。外国人が利用したため異人館と呼ばれるようになった。
助作の父,田代紋左衛門は有田の陶磁器の輸出の権利独占を佐賀藩から認められ(万延元年)財産を築いた人物。

大正〜昭和初期
建物を曳いて移動し、増築。また、道路拡張のため,屋根を一部切り落とした。2階部分にあった列柱もこのころ取り外されたらしい。

昭和52(1977)年
佐賀県指定重要文化財となる。

平成25(2013)年
所有者の田代家から有田町に建物が寄贈される。平成26年から改修工事が行われ、明治当初の形に戻す予定。(このポップアップは、明治当初のイメージで作ってあります。)



ポップアップカード03.jpg
0405
04正確か分かりませんが,建築当初の想像図(建物前に庭がありました)
05道路拡幅時に切り詰められた屋根



back pop-up top



(2016.07.24)写真のみ公開。