旧プラハ市庁舎[プラハ歴史地区](チェコ)
Old Town Hall of Prague (Czech Republic)



プラハの旧市役所庁舎は、一つの建物ではなく,いくつかの建物から成り立っています。14世紀にプラハの旧市街の自治オフィスとして建てられて以来,19世紀まで隣接した建物を順次購入してだんだん大きくなっていきました。
塔は14世紀後半に付け加えられたもので、観光名所にもなっている天文時計は15世紀の建造です。塔の高い位置にある時計は19世紀になってから設置されています。
東側にも建物があったのですが,第2次世界大戦の戦災で焼失してしまいました。戦後、危険な部分を除去して現在の形になりました。
2017年現在、建物の補修改装が行われており,天文時計も解体修理されるそうです。(2018年までの予定)



ポップアップカード折り紙建築
世界遺産05

back pop-up top home



(2017.09.15) 写真のみ公開。