石の鐘の家/ゴルツ・キンスキー宮殿[プラハ歴史地区](チェコ)
Stone Bell House and Goltz-Kinsky Palace, Prague (Czech Republic)



 プラハの旧市街広場にある建物です。
 カードの右端の建物は,「石の鐘の家」と呼ばれている建物です。14世紀頃に建てられたものですが、ボヘミアのプシェミスル家の王女エリュシカが使った建物だと言われています。
 建物はその後何度か改修され,現在はプラハ市立ギャラリーとして使われています。

 カードの中央と左は「ゴルツ・キンスキー宮殿」です。18世紀にゴルツ伯爵が建てさせたものですが、ゴルツ伯爵が亡くなった後,キンスキー公爵がこの建物を購入したので,ゴルツ・キンスキー宮殿と呼ばれています。現在は国立美術館の一部になっています。



ポップアップカード折り紙建築
世界遺産05

back pop-up top



(2017.09.15) 写真のみ公開。