旧 新潟測候所( 旧所在地:新潟県新潟市)
Former Niigata Weather Station (Former location :Niigata City)



1928年(昭和3)
新潟測候所竣工。今まであったところから、新潟市西船見町に場所を移しての新築。海岸から100mほどの場所だったという。(標高7m)

1938年(昭和13)
測候所を中蒲原郡鳥屋野村字下所島(現在の新潟市中央区幸西)に移転。
わずか10年ほどで移転してしまいました。
実は、西船見町の海岸は浸食により、どんどん後退していたのです。

1949年(昭和24)
昭和3年築の旧測候所敷地は海中に水没してしまいます。建物は数年間はそのまま海中から出ていたようです。


そんなわけで、海中に沈んでしまった測候所をカードにしました。
水没してしまった当時の写真が(外部リンク)「にいがた土木構造物めぐり」(土木学会関東支部新潟会)で見られます。
海岸浸食の原因としては、① 西港防波堤建設で、土砂の流れが変わった。② 治水工事のため川からの砂の流量が減った。③ 天然ガス採取による地盤沈下。が考えられているそうです。


ポップアップカード折り紙建築
0405




(2017.03.19) 型紙公開終了。
(2016.07.10) 型紙公開。