旧奈良監獄正門(奈良県奈良市)
Former the main gate of Nara Prison (Nara City)



 
1908年(明治41)
(旧奈良監獄全体についての共通解説です)
奈良監獄竣工。明治政府が監獄の国際標準化を目指し,千葉、金沢、長崎、鹿児島とともに建てた「五大監獄」の一つ。設計は山下啓次郎(司法省営繕課)。千里久春吉の名前も設計者の一人として挙がっている。

1922年(大正11)
奈良刑務所と改称。

1946年(昭和21)
奈良少年刑務所と改称。

2014年(平成26)
保存を求める会「近代の名建築 奈良少年刑務所を宝に思う会」が発足。

2016年(平成28)
文化審議会が重要文化財に指定するよう答申した。(2017年2月、重要文化財に指定)

2017年(平成29)
3月廃庁。今後はホテル・宿泊施設として活用される見通し。



0203
0405
04実際の正門(2017年7月撮影)
05(2017年7月撮影)





(2018.11.04) 型紙公開終了
(2017.07.24) 型紙公開