呼子カトリック教会(佐賀県唐津市)
Yobuko Catholic Church (Karatsu City)



明治14(1881)年
馬渡島カトリック教会として建設。(この教会は、はじめから現在地に建てられていたわけではありません。最初は馬渡島に建てられた馬渡島カトリック教会の建物でした。建築年代については、異説もあるようです。)

明治44(1911)年
当時の呼子村では、この年に民家を移築し、仮聖堂として使い始める。

昭和3(1928)年
昭和2年に長崎県の紐差教会が建て替えられることに決まり、紐差の旧聖堂を馬渡島へ、馬渡島にあった聖堂を呼子へそれぞれ移築することになった(地図参照)。移築・再建は鉄川与助が担当した。

平成17(2005)年
呼子町(昭和3年町制施行)を含む8市町村が合併、唐津市呼子町となる。



ポップアップカード折り紙建築
0405

back pop-up top



(2017.04.09)型紙公開終了。
(2016.07.24)型紙公開。