救世主顕栄大聖堂、チェルニーヒウ(ウクライナ)
Saviour-Transfigulation Cathedral, Chernihiv (Ukraine)



チェルニーヒウ公国の時代の初期、11世紀に教会は建てられた。いくつか説はあるが1036年には完成していたらしい。
1239年のモンゴルの侵攻により教会は破壊され、17世紀に復元された。その後18世紀に火災に遭い再建されて、19世紀の増築で現在の形になったようである。
ソビエト連邦時代の1937年に教会としての使用が止められ、博物館となった。1980年代以降はまた教会として使われている。現在は一帯は国立建築歴史保護区に指定されている。
なお2022年2月、ロシア軍が一時チェルニーヒウにも進攻したので、建物に被害があったかもしれないが、現在私は把握できていない。

・関連ブログ記事  ポップアップカード(ウクライナの教会02)(2022.03.24)


0102
0304
05

back pop-up top home



(2022.05.03) 写真のみ公開。