イリーナ通りのスパサ・プレオブラジェーニヤ教会 <ノヴゴロドと周辺の歴史的建造物群>(ロシア連邦)
Church of the Transfiguration on Ilyina Street, Novgorod [Historic Monuments of Novgorod and Surroundings] (Russian Federation)



ノヴゴロド・クレムリ(スパスカヤ塔のページに説明あり)から東に1kmほどの場所にあるロシア正教会の教会です。(現在は博物館となっているそうです。)教会名はロシア語の音を写したものですが、日本語にすると「救世主顕栄教会」と訳されるようです。ロシア語表記は Церковь Спаса Преображения на Ильине улице です。 現在の建物は1347年にイリーナ通りの住民によって建てられたものです。外壁には浮き彫りが施されています。また、1378年にフェオファン・グレク(Феофан Грек)が描いたフレスコ画でも有名だそうです。フェオファンは東ローマからロシアに移り住んだギリシャ人で,ロシアにおいて偉大なイコン画家の一人とされています。


ポップアップカード折り紙建築
世界遺産とびだすカード




(2018.09.24) 写真のみ公開