アヒロピイトス聖堂(ギリシャ、テッサロニケ)
Church of the Acheiropoietos, Thessaloniki (Greece)



アヒロピイトス聖堂は、テッサロニキ市内で最も古い教会教会の一つです。5世紀後半に建てられました。1430年にオスマン帝国が都市を征服した後、教会はモスクに改修され、1912年にテッサロニキが解放されるまでモスクとして使われました。
第一次大戦中に難民を収容する場所となったこともあり、キリスト教会の形に戻されたのは1930年でした。
1988年に「テッサロニキの初期キリスト教とビザンティン様式の建造物群」として世界遺産に登録されました。


0203
0405

back pop-up top home make download(67k) pass



(2020.01.03) 型紙公開。