旧上田街学校(旧所在地 : 長野県上田市)
Former Uedamachi Elementary School (Former location :Ueda City)



1873年(明治6)
上田街学校開校。藩校の伝統を受けつぐ松平学校に対し、平民の子弟の教育の場として開校した。当初は本陽寺を仮校舎としていた。

1878年(明治11)
明治天皇の北陸巡幸にあたって、上田が宿泊地となっていた。宿泊地となる適当な建物がなかったため、校舎を建設してそれを行在所とした。9月7日、明治天皇一行が宿泊。11月に開校式を行なった。

1886年(明治19)
町内の4校を合併し、上田学校とする。上田街学校の校舎は上田分教場となる。

1889年(明治22)
上田尋常小学校に改称され、上田分教場女子部となる。

1895年(昭和48)
上田尋常高等小学校に改称。

1898年(明治31)
3月27日夜、火災により上田分教場女子部焼失。校長の久米由太郎は数日後に自決してしまう。


関連ブログ記事
旧上田街学校(1)(2020.12.28)
旧上田街学校(2)〜久米由太郎のこと(2020.12.28)
長野県の建築のポップアップカード(2021.03.19)


ポップアップカード


05(「上田市史・下巻」藤澤直枝著・上田市編・1940年 より)


back map main



(2021.03.22) 作品写真のみ公開