旧志賀小学校訪問

旧中込学校を見た後、佐久市内にある旧志賀小学校を訪問した。
1961年に合併で佐久市となるまでは、ここは東村という村だった。
東村は1955年に三井村と志賀村が合併して誕生したので、それ以前は志賀村という村が存在した。
その志賀村の時代に建てられた校舎だ。

写真は道路から見える体育館。そこに「志賀小学校跡」という碑が建てられている。

志賀小学校は、1990年の3月に三井小学校と統合され、閉校となった小学校だ。

続きを読む →

旧中込学校の太鼓楼

佐久市のサイトに、「旧中込学校無料公開」のお知らせが掲載されていた。(期日が過ぎたのでそのページは削除されたようだが。)
9月27日が開校記念日なので、それにちなんで26日(土)に無料公開をするという。無料は別にこだわらないのだが、当日は太鼓楼も見学できるという話。

2年前、ブログに旧中込学校について書いたのだが、その時は太鼓楼は公開していなかったので、見られるというなら行かねばなるまい…というわけで行ってきた。

ここに上れるはず。

続きを読む →

「学徒開墾」

日輪舎について調べているときに、戦前の資料で南安曇農業高校の農場について触れている資料は何かないかと思い、国立国会図書館のデジタルコレクションを検索した。

戦前の名称は「南安曇農学校」だったので、そちらで検索。
自宅でも見られる資料は、4件だけだった。
そのうち3件は官報で、農学校の設置認可や、学科設立などの告示。
最後の一つが「学徒開墾」という冊子だった。

続きを読む →