コンテンツへスキップ

 ポップアップカード(日本の近代建築)の更新をしました。
 世界遺産に手を広げてしまったので、こちらの更新間隔が開いてしまいますが、ボチボチと継続していきます。
 今回は1点のみの公開となりましたが、青森県にあった旧青森市公会堂を製作しました。

 建物自体は平成8年に道路拡張のために解体されたそうなので、現存していません。
 現存していない建物の形を確認するのには、戦前の絵葉書をネット上で見ることも多いのですが、青森市公会堂は、別の建物の画像も載っていました。どうもこちらは更に先代の公会堂のようです。まだ確認までしっかりできていないのですが、明治33年に大正天皇(当時は皇太子)の御成婚を記念して青森市公会堂が建築されたという記述を見つけました(竣工は翌年)。おそらくそれだと思われます。
 
 
【追記】
2016.04.17 型紙公開は終了しました。
 

世界遺産のポップアップカードを更新しました。
前回に引き続き、シリアの世界遺産・パルミラにある(あった)建物を選んでいます。

写真はベル神殿。これは8月末にISが破壊してしまいました。衛星写真を見ても、本殿が跡形もなく消えてしまっています。この型紙を公開しました。
90°のポップアップカードに比べて、写真がわかりにくくなってしまい申し訳ありませんが、ごらんください。

... "シリアの世界遺産(2)" を続けて読む


2011年から続いているシリア騒乱がおさまりません。
8月頃、ISがシリアの世界遺産を破壊している、というニュースが聞こえてきました。パルミラの遺跡でも、ベル神殿が完全に無くなった写真が載っていました。あちこちで破壊を継続しているようです。自分たちの教義に当てはまらないものは滅ぼす、では他者との共存などできません。歴史遺産が消えていくのは非常に残念です。
... "シリアに平和を" を続けて読む