大分市に存在した建築(1)

現在、大分県のポップアップカードを制作中です。
「実際に存在している・過去に存在していた」建物をモデルにしているので、作るからにはその建物のことを知りたくなります。しかし、既にない建物については、いつごろまで存在していたのかよく分からないこともあります。

今回は自分のメモとして、気になる建築について書いていきます。この中から次のポップアップカードも作ろうという訳なのですよ。

まずは(旧)大分市役所。昭和12年刊行の「大分市誌」から写真を引用しました。

写真のキャプションに「新装成れる大分市廳舎」とありますが、1937年(昭和12)の3月に完成したばかりです。

続きを読む →

「戦争ト玩具展」

会期が2019年8月16日までなので、もう会期終了間際なのですが。
「戦争ト玩具展」(主催:信州戦争資料センター・公益財団法人八十二文化財団)を見ました。戦前・戦中の玩具等を展示し、そのモノ自身に語らせようという企画です。

これはチラシを撮影したもの。チラシは三種類のバージョンがあるようです。

続きを読む →

静岡県の学校建築(明治編)

なかなか製作が進ますサイト更新が滞っています。次の製作の下調べを先に書きます。

最近静岡県の建築について調べています。中でも特に学校建築について見ているところです。

だいぶ前(2006年)にポップアップカードで見付学校(↑作品写真)を作りました。
その見付学校が「遠州三大学校の一つ」と言われていたということは最近になって知りました。

続きを読む →

宇都宮建物巡り(2)

県庁から南へ700mほど歩き,右に曲がると,この建物が見えます。

カトリック松が峰教会です。

宇都宮のカトリック教会は1888(明治21)年に川向町で創立されたのですが、移転して現在地に最初の聖堂ができたのが1910年のことでした。その後信徒が増え本格的な聖堂建設が計画されます。教会関係の建築を手がけていたマックス・ヒンデルに依頼し,1931(昭和6)年に着工し翌年完成しました。
続きを読む →