コンテンツへスキップ

龍岡城のあとは、近くの新海三社神社に向かいます。
龍岡城から東へ約1km。案内標識に従って曲がったら,境内横の駐車場にたどり着きました。

駐車場のところにあった標識で位置関係を確認。
東本社と三重塔が国重要文化財と書いてあります。
途中に田野口陣屋高札場跡と書いてあるけれど、素通りしてしまっていました。
鳥居が下の道路沿いにあるというので、一度下ります。
... "室町時代の三重塔" を続けて読む

佐久市訪問記(3)です。
次は「五稜郭」に向かいました。佐久市にある龍岡城です。函館の五稜郭とともに、日本に二つしかないという星形稜堡の洋式城郭です。

この画像は,龍岡城のすぐそばにある「五稜郭であいの館」の展示資料を撮影しました。
龍岡城を建造したのは,三河の国奥殿藩の藩主だった松平乗謨(のりかた)です。(のちに大給恒(おぎゅう ゆずる)と改名します)
... "「五稜郭」に行ってみた" を続けて読む

佐久市訪問記(2)です。
旧中込学校を見た後、次の目的地の旧大沢小学校に行きました。
ここは年に二回、ゴールデンウィークとお盆に一般公開をしているのです。
(それ以外でも佐久市教育委員会文化振興課文化財事務所に申し込めば対応してくれるようです。)

社会体育館の奥に目指す校舎がありました。
... "閉校時の姿を保存する学校" を続けて読む

この夏は、長野県佐久市を訪れました。
目的地のひとつは、重要文化財・国史跡になっている旧中込学校です。

観覧料 一般250円・高校生大学生150円・小中学生120円。
建物の前に表札があって説明文が書いてありました。

... "旧中込学校見学記" を続けて読む

高崎市美術館の敷地内にある、旧井上房一郎邸を紹介します。美術館に入ると,展示とともにこの建物も見ることができるようになっています。

井上房一郎(1898-1993)は,高崎市にあった井上工業のオーナーで、群馬交響楽団の設立、群馬県立近代美術館の設立、群馬音楽センターの建設にも関わり,工芸や音楽など地元の文化活動を支えた方だそうです。

この建物ですが,別の建物を「写した」ものだというのです。
... "旧井上房一郎邸" を続けて読む