NHKと家電メーカーは不当な抱き合わせ販売をやめてください

5月25日、水戸地裁で「ワンセグ携帯にはNHK受信料契約義務がある」という判断がなされた、との報道がされています。
放送法では「放送を受信することのできる受信設備を設置した者」に対して契約義務が生じることになっており、訴訟では、ワンセグ携帯の所持が「受信設備を設置した者」に当たるか当たらないかが問題になったそうです。
なぜ、そんなところを争点にしてしまうのでしょうか。(この人に弁護士はついていないのでしょうか。)争点をそんなところにしてしまったら、すでに、NHKの土俵に乗ってしまっているじゃありませんか。

テレビという製品を買う場合、テレビを見ることが目的です。でも携帯電話の場合には、テレビを見ることが主目的ではありません。電話をしたくて携帯を買ったら、勝手にワンセグがついてきているのです。「おまけ」でついているだけならまだしも、その「おまけ」部分には課金が生じますよ、というのが今のNHKが言っていることです。

携帯だけじゃなく、カーナビも同様です。
たとえば、パナソニックのカーナビ「Strada」シリーズは、現行全機種、地デジチューナーかワンセグチューナーがもれなくついています。選択の余地がありません。パイオニアも見てみましたが、HPで一覧表になってる部分では全機種地デジかワンセグ付きでした。
カーナビなんてテレビを見るために買うわけではありません。それなのに、勝手に機能をつけて、NHKの金づるにしてしまうとは、メーカーも分かってやってるとしか思えません。

洗濯機や炊飯器を買ったら、「おまけに産経新聞(朝日新聞でも聖教新聞でも赤旗でもいい)ついてます、毎月集金しますからよろしく。」とか言われたら、「押し売りするな!」とキレるでしょう。

テレビを見ない私にとっては、テレビチューナー付き機器なんてそれくらい見当外れのサービスなんです。しかも、いらないからといって、それだけ外せないときています。
こんな、人をバカにした話はないでしょう。抱き合わせ販売そのものじゃないですか。NHKと、携帯やカーナビなどの製造メーカーは、結託して抱き合わせ販売をしているのでしょう。

消費者庁は、不当な抱き合わせ販売をしているNHKと、家電メーカーを指導してください。
いまのままじゃNHKが恐ろしくて、スマホもカーナビも買えません。
それから、iphone使ってる人で「こっちはチューナーついてないから関係ないもんね、はっはっは」と、笑ってる人。
NHKは、次はネット放送してネット接続者全員から金を巻き上げようと画策しています。ここでNHKの陰謀を粉砕しないと、次はあなたもターゲットですよ。
…と、いくら必死に書いても、テレビを持っている人にとっては何の問題も感じないことなんだろうなあ。