桂離宮 訪問記(2)

賞花亭(しょうかてい)です。歩いている時は意識しなかったのですが、賞花亭が建っているところは島です。直前に渡った橋は島に渡る橋でした。
賞花亭は、少し離れた位置からみるとこんな建物です。

桂離宮の建物では一番高い位置にある建物で、峠の茶屋風のつくりになっています。(以前は暖簾を掛けていたこともあるらしい。)
なお、賞花亭は1934(昭和9)年の室戸台風の時に全壊し、翌年新材を用いて再建されたものだそうです。

続きを読む →