旧伏木測候所のポップアップカード

2010年につくった、旧伏木測候所(富山県高岡市)のポップアップカードです。
もう10年も前ですねえ。

ときどき、過去のページを見直したり修正したりすることがあるのですが、旧伏木測候所のことを確認していたら、2017年に塔屋を復原したというではありませんか。

前回つくった時は実際の建物もこんな形だったので、そういうカードになっていましたが、塔屋が復活したという写真を見てしまったら、このままにしておくわけにはいきません。
塔屋ありバージョンを作ることにしました。

そしてできあがったのがこちら。

今は実際の建物も、こんな状態になっています。

ただ、現在の庁舎が建てられたのは1909年(明治42)で、その時は左手前にある測風塔はありませんでした。1938年(昭和13)に測風塔が建てられたのですが、そのときに庁舎屋根の塔屋は撤去されたということなので、このカードのように測風塔と庁舎の塔屋が揃って建っていたのは過去にはなかったということになります。

竣工当時の建物にこだわるとしたら、測風塔のない状態でカードを作るべきだったかも。
でもまあ、普通に考えたら測風塔を建ててから塔を撤去するはずですから、一時的には両立していた時期はあったと思いますけれど。

そして、登録有形文化財としては、「旧伏木測候所庁舎」と「旧伏木測候所測風塔」と、それぞれ登録されているのですよね。
そんなこともあり、二つの塔がある状態でポップアップカードにしました。

塔屋をつけた以外にも、屋根の高さを見直して(前のはちょっと低かった)、左右のバランスを修正して、測風塔の窓の形もちょっと細かくして…と改善したので、塔屋なしバージョンも作り直しました。

こんな感じです。

まだメインサイトは過去のままで更新してありません。近日中に更新予定です。

【追記】(2020.08.04)
型紙公開しました。

【参考】
・職藝学院(富山市)サイト
 【実物実習】高岡市「伏木気象資料館(旧伏木測候所)」塔屋復原新築竣工・開館
復原を担当した職藝学院のサイトに、塔屋復原の工事写真が掲載されています。明治時代の写真も1枚あります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

five × one =