「かくれキリシタン」について

(この文は、ツイッター用に書いたものです。長くなったのでブログに掲載することにしました。多くの部分はほぼ、ツイッターで書いていた状態のままです。)

先日記事を見て「かくれキリシタン」に興味を持ったので、二冊の本を読んだ。
(1)「潜伏キリシタンは何を信じていたのか」宮崎賢太郎著・角川書店
(2)「消された信仰(「最後のかくれキリシタン」─長崎・生月島の人々)」広野真嗣著・小学館 
読了。

今まで「かくれキリシタン」を当然の表現だと思っていたので、世界遺産選定のニュースで「潜伏キリシタン」という表現を聞き、違和感を持っていた。
ネットの記事で「消された信仰」の紹介を読んで興味を持ったが、自分に基礎知識もないので、もう一冊読む必要があろうと思い、図書館で関連書籍を探して宮崎氏の本を選定。

続きを読む →