ポップアップカード(愛媛県の建築)

ポップアップカードを更新しました。
今回は愛媛県の建築から4点を掲載しました。(型紙公開は1点)

書籍やネットで建築についていろいろ調べていると、今はもうない古い建築によく出会います。今回型紙公開した旧南豫会館(旧南予会館)もそうした建築の一つです。

該当ページにも書きましたが、南豫会館を知ったのは戦前の絵葉書でした。その形が記憶に残っていたので、今回もう少し調べたうえで製作することにしました。
とはいっても詳しいことは見つけられず、竣工が昭和5年、昭和20年には空襲で焼失した…くらいのことしかわかりませんでした。
南豫会館の建設に尽力したのが森岡天涯(1879~1934)という方だそうです。20歳でアメリカに渡って学び、新聞記者をつとめましたが40代で帰国、故郷の発展に努めた方だそうです。小学校や南豫会館の建設、南予文化協会の結成など文化向上に尽力したとのこと。
このポップアップカード作りでは、日本各地のいろいろな歴史を調べられるのでおもしろいです。
ほかにも失われた建築について調べているところなので、またいつか作成する予定です。


(石崎汽船旧本社)

(旧豫州銀行本店)

(旧端出場水力発電所)

ほかは型紙非公開ですが、石崎汽船旧本社、旧豫州銀行本店、旧端出場水力発電所を作成しました。今回改めて確認していて、平成25年に石崎汽船の本社が移転していたことに気づきました。「旧本社」としてありますが、登録有形文化財としては「石坂汽船本社」で登録されています。
豫州銀行本店は、現在も伊予銀行八幡浜支店として現役です。旧端出場発電所は別子銅山のための発電設備でした。現在登録有形文化財となっています。
 
 
【追記】
2015.05.24 旧南豫会館の型紙公開は終了しました。