旧唐津銀行のポップアップカード(カラー版)

旧唐津銀行のポップアップカード、カラー版が完成しましたのでご覧下さい。

3月25日が建築家辰野金吾の命日で、没後100年にあたるという記事を以前見ました。彼は唐津市出身ということで「唐津赤レンガの会」が慰霊祭と記念行事を行なったそうです。そして旧唐津銀行には「辰野金吾記念館」と別称が付けられました。

以前、旧唐津銀行のポップアップカードを作っていたので、(写真は以前つくったホワイトバージョン)都城市民会館でカラーバージョンを作ったばかりだったこともあり、「じゃあ旧唐津銀行のポップアップもカラー版をつくろう」と思い立ったわけです。

ホワイトバージョンに着色をするのではなく、もう少し実物に近い感じに作りたいと思い、パーツを分けて設計を始めました。
入口のところは奥に木のドアを着けることにし、裏から別パーツを貼り付けることにしました。また玄関の部分の屋根と柱も後付けです。
なんとか命日に間に合わせようとしたのですが、組み上げてみると、左右の塔の部分がうまく開閉しないのです。

横の方から撮影してみました。

型紙を修正して、今回は塔の部分のパーツを下にも伸ばし、壁面と接着して支えるようにしました。

ちょっと組み立て方が分かりにくいので、今回は型紙公開はしていません。写真のみになりますが、メインサイトの方にも掲載しましたので、よろしかったらご覧下さい。
メインサイトのページはこちらです。

でも型紙公開しないんだったら、自分は折るところ分かってるんだし、折り線を点線で描かない方がきれいでしたね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

14 − thirteen =