ScanSnapに悩まされた話

ScanSnap というスキャナを以前から使ってます。これです。

紙で保管しておく必要のない文書はなるべくこれでpdf化して保存してます。便利です。
買ったのはいつごろでしょうか。裏側を確認したら2013年製とありました。

さて、そんなつきあいのあるスキャナなんですが、最近になってこれに悩まされてしまったのです。

きっかけは、(今ではただの思い出になってしまった)macOS Mojave へのアップグレードです。Mojave に変えときに、スキャナのドライバも「新しいものにしてください」というメッセージが出たのです。

「従来のScanSnapソフトウェア(ScanSnap Manager, ScanSnap Organizer, CardMinderなど)は32ビットアプリケーションのため、今後のmacOSでは使用できなくなります。
ScanSnap Homeをご利用ください。」(メーカーサイトより)ということでした。

そこで、ドライバをアップデートしてScanSnap Home を導入したわけです。
その時はどうということもなかったのですが、先日、ScanSnap Home のアップデータが出たのです。当然アップデートしました。
そうしたら変なんですよ。

今までメニューバーにアイコンはなかったはずなのに、アイコンが出てます。
こんなの。

何なの、このアラート。

分かりました。スキャナを接続してないって意味でした。
スキャナを接続すれば、青いアイコンに変わります。

でもおかしくないですか?

スキャナってずっと接続しておくものではないでしょう? だいたいこっちはノートパソコンですよ。持ち歩くこともあるし、スキャナは使う時だけ接続するに決まってます。
そうすると、この赤いアラート、ずっと表示されたままになってしまうじゃありませんか。

普通、アラートっていったら何か対応すべき注意情報でしょう?
でも、このアラートときたら、単に「スキャナが繋がってません」っていうだけなんですよ。

しかも、起動時にここに表示されたまま、ずっと居座り続けてるんです。パソコンを再起動しても同じ。メニューバーの目立つ場所にずっと、赤いアラートが表示されたままなんです。

これは結局「無視する」しかないんですよ。ずっとスキャナを接続したままにするなんてあり得ませんから。
でも、見るたびに赤いマークが目に入りますから、落ち着かないんです。

これってシステム上もまずいと思うんですよね。アラートを無視せざるを得ない状況にさせるってことは、ユーザーの意識を自然に変えちゃうと思うんですよ。アラートを軽視する方向に誘導してしまう。
このアプリケーションは、存在するだけで他のアラートに対する意識まで低下させる悪いヤツだと考えてしまいます。

とまあ、不満に思いながらそれでも二日間我慢したわけですが、とにかく「落ち着かない・鬱陶しい」という状態で、我慢の限界になりました。

メーカーサイトで見ると、「ScanSnap Home を使うように」という注意書きは、現時点では Mojave が対象のようです。High Sierra ではそういうメッセージはなかったので、ドライバを古いものに戻しても大丈夫なのでしょう。(Mojaveを止めてて良かった…のか?)

アラートを見続けるのは精神衛生上よろしくないので、ドライバを古いものに戻すことに決めました。

決めればあとは進めるだけ。
(1)ドライバのアンインストール
 ライセンス認証を解除してから、アンインストールをするとあるので、その通りに進めます。
(2)パソコンの再起動
 このドライバ、起動時にあれこれ読み込んでいそうなので、再起動しましょう。
(3)古いドライバを再インストール
 ただし、「最適化されていない」というメッセージが出ます。
(4)ドライバのアップデート
 High Sierraには、アップデータで対応していました。

アップデートをしても、まだ「最適化されていません」というメッセージは出たのですが、とりあえず動作確認をしたら大丈夫のようなので、これで使ってみます。

でも、メニューバーにアイコンを表示して未接続の場合にアラートを出すというのは、おかしいと思うんですよ。プリンタとか、ペンタブとか、何でもいいですが他の周辺機器まで同じことやり出したら収拾がつきません。

「使う時だけ接続すれば良い機器の場合は、未接続であることをメニューバーで警告する必要はない。いや、警告すべきではない。」と、強く思います。

いずれシステムを更新せざるを得なくなって、またこのドライバを使わなくてはならなくなる日が来るでしょう。その時のために、メーカーさんには改善を強く要望したいです。
お願いですから、変なアラート出すのは止めてください。

(追記 2019.04.30)
都合で再びmacOSをMojaveに切り替えました。そうしたらまたアップデートしなさいとScanSnapが言ってきましたが、アップデートはしませんでした。あのアラートが消えるまでは古いままで使っていくつもりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

16 + eighteen =