不思議の国のMojave

(末尾に追記あり)
macOS を Mojave にアップグレードして使い始めたのですが、どうにもしっくりきません。なぜか思った通りに動かない感じなのです。最初は、自分が不慣れなせいだろうと思って頑張っていたのですが、おかしな動きに気づいたのです。

これは10.13の画面

Mac でファイルを操作する Finder ですが、例えば上のようになっています。今ユーティリティフォルダを選んでいますが、ワンクリックなら選択、ダブルクリックならフォルダの中に入ったり、ファイルは開けるはずです。今までそうやって使ってきました。

ところが、Mojave を使い始めたら、クリックした位置がズレるんです。何言ってるか分かりにくいと思いますが、自分が選んだのとは違う場所のファイルを選んだことにされちゃうんです。

動きを記録してみました。途中で切って二回分入れてあります。前半は「メール」を実行しようとしてダブルクリック。後半は「マップ」をダブルクリックした時の動きです。

もっと正確に言うと、クリックした「位置」は一応合っているのですが、ずらっと並んだアイコンが勝手に下にスクロールして、実際に選ばれるのは、クリック前には3段上にあったはずのファイルなんです。

ダブルクリックしたつもりが、最初のクリックでファイルたちが瞬間的に数段移動、2クリック目は(カーソルの位置は同じなのに)移動してきた別のファイルを選択した、という状態。だから自分ではダブルクリックでファイルやフォルダを開いたつもりが、ご近所の予想してないファイルを選んでいる、という状態だったのです。何なんでしょうねこれ?

で、再起動してみたり、トラックパッドの設定を変更したり。NVRAM をリセットしてみたり、セーフモードで起動してみたり…あれこれ試してみたのですが、どうにもなりません。これがまた100%出現するならともかく、ファイル数が少ないフォルダはスクロールしようがないのでそのままだし、行が多い場合も、ダブルクリックの間隔をすっごくゆっくりやれば開けたり、と、嫌がらせかと思うような反応だったのです。

なんか自分の知ってるMacではない、不思議の国のMacだったので、今日のタイトルが上のようになりました。

もちろんOSの再インストールもしました。何か変わったか?
…変わってませんでした。
(ブログ投稿時はズレる行数を間違えていて、減ったように思っていたのですが実は同じでした。)

これ以上試す根性がなくなったので、使い慣れた10.13に戻します。1時間ちょっと前に消去して、Time Machine で今10.13時代の状態に復元してます。(ブログは以前のパソコンから更新してます。)

昨日ツイートで「問題が起きなければこれで完結です」なんて書いたせいかしら。

(追記 2019.04.12)
・記録ムービーを追加しました。こんな動きをされたらストレスたまります。
・最初は移動行数が4行だと勘違いしていたので実態と異なる表記をしてしまっていました。表記を修正しました。

(追記 2019.04.30)
Mojave導入に再挑戦しました。今度は正常に動いています。「macOS Mojaveへの道(再挑戦編)」をご覧下さい。

(またまた追記 2019.05.12)
再び症状が出始めました。徐々に頻度が増している感じです。まったくもう…。「もう疲れたよ、Mojave」を書きましたが、目新しい内容ではありません。

(おそらく最後の追記 2019.05.14)
macOS 10.14.5のアップデータが出ました。インストールしたところ、問題が解消したようです。
「もう疲れたよ、Mojave」にも追記しました。
あとは使いながら、問題が出ないか確認します。

【関連記事】
macOS Mojaveとのつきあい方 (2019/05/21)
もう疲れたよ、Mojave   (2019/05/12)
macOS Mojaveへの道(再挑戦編)(2019/04/30)
不思議の国のMojave (本記事)
macOS Mojave へのアップグレードで四苦八苦 (2019/04/10)
中古の MacBook Pro を買って、SSDを交換する (2019/04/09)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 + 9 =