macOS Catalina へアップデート

今のMacBook Pro(中古)を導入して1年、macOS Catalina にすることにしました。
自分が使っている周辺機器のドライバやプラグインも対応が終った感じだし、サイト更新に使っているFTPソフトも、年末に Catalina 対応したよって告知があったので、そろそろアップデートしてもいいのかなと。

昨年、Mojave にした時にはいろいろ苦労したので(関連記事)、いつでも戻せるよう、まずは TimeMachine でバックアップしておきました。

ダウンロード開始。(デジカメで画面を撮影したので画質悪いです)
14分と出ていますが、実測では25分くらい。

ダウンロードが終ったので、いよいよインストール。

アップデートしてくださいというメッセージが出ました。これは、以前悩んだドキュメントスキャナのもの。(関連記事

あの時は新しいドライバの仕様が気に入らなくて、あえて古いものを残していたので、当然のメッセージ。またスキャナを使う時に、インストール予定。

始まりました。ここでの予定時間表示は50分。

10分位したら、画面が暗転しました。

デジカメで撮影したので画面が汚いのがまる見え。最初は「残り25分」くらいの表示だった気がします。もちろんその時間で終わるわけがないのは、いつものこと。
このまま待ちます。

インストール開始してから実際には1時間30分くらいでした。
終ったので再起動します。
いくつかメッセージが出ています。

手前の小さいのはワコムのタブレットドライバですね。これは、事前に Catalina 対応版が出ているのを確認していたので、この後インストールします。
プリンタドライバは「今すぐアップデート」とあるので、そのままアップデート。

これから、普段使っているアプリケーションを起動して、確認していきます。
イラストレーターのプラグインも、Catalina 対応版に差し替えました。
必要最低限の確認をした限りですが、とりあえずアプリケーションは問題なく使えそうです。

Mojave の時に比べたら、割と問題なくアップデートできた感じです。あとは使いながら確認していくことになると思いますので、しばらく様子見です。

【使い勝手が変わったところ】

Catalina になって、アプリの構成がちょっと変わりました。

今まで iTunes で管理していた音楽や番組が、「ミュージック」「TV」「Podcast」「ブック」という4つのアプリに分けられそれぞれで管理していく形になりました。
私は普段 Podcast の番組を視聴しているのですが、単独アプリになったので使いやすくなった感じです。

ただ、ちょっとうまくいかないところが。
今までは番組を選べば、エピソードが一つ終わったら次のを勝手に再生してくれていたはずなんだけど、新しいアプリでは思うように連続再生してくれないのです。環境設定では連続再生を設定しているのに。
なんか、どこかで別に設定が必要なんでしょうか?
ちょっとまだ分かってないので、とりあえず使いながら確認していきます。

【現時点での問題】

ちょっと気に入らないところが一つ。

システム環境設定のところに「1個のアップデート」って表示が出るんです。

まだ追加アップデートがあるのかと思ってクリックすると、これ。

いや、最新版になってるならいいやん。アップデートのメッセージ要らないでしょ?などとちょっとイラついてしまいます。再起動しても変わらないので、とりあえずこのまま。

今のところ気付いたのはこんなところなのですが、今後使っていく中でまたいろいろ出てくるかもしれません。まだ確認していない周辺機器もあるので。
でも印象としては、Catalina でこのまま使っていけそうかな、という感じです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

18 − four =